仮想通貨で複数の取引所に登録する理由

仮想通貨の取引所は、複数あります。この通貨で取引している方は、あえて複数の取引所に登録している事も少なくあります。その主な理由は2つあります。複数業者を活用すればリスクを分散できますし、使い分けできるからです。

リスクを抑えるために分散する

自分の資産は、あまり1ヶ所に集中すべきでないと言われる事もあります。
例えば現在の資産は200万円の時に、1つの銘柄にお金を集中するとリスクが大きくなる傾向があります。銘柄の価格が暴落した時などは、大損失になってしまうでしょう。
それよりも、複数の銘柄に分散しておくやり方があります。50万円ずつ4つの銘柄に分散しておけば、リスクを低く抑えられるのです。たとえ1つの銘柄の価格が暴落しても、他の銘柄に影響が及ばなければ、損失額は50万円に抑えられるでしょう。この分散方式は、投資の基本の1つでもあります。

複数の取引所に分散するメリット

仮想通貨で取引する時も、その分散のやり方があります。もちろん上記のように複数の銘柄に分散する方法もありますが、取引所の分散もあるのです。その主な理由は、取引所の経営です。
金融業界では、たまに会社の経営が危うくなる事もあります。大きな金融ショックが発生した時などは、やや経営が微妙になるケースも実際あるのです。
という事は、1つの取引所にお金を集中していれば、上述の200万円のような損失になる可能性があるでしょう。そこで複数の取引所にお金を分散して、リスクを限定する訳です。
幸いにも仮想通貨の取引所にお金を預ける分には、使用料金などが徴収される事はありません。銀行と同じく、手数料はないのです。たとえ複数の取引所に預けていても手数料はかかりません。

売買スタイルに応じて取引所を使い分ける

それと使い分けをするために、複数の取引所を活用するやり方があります。そもそも仮想通貨の取引のやり方は色々あります。短期売買もあれば、長期的に取引するやり方もあるのです。そのやり方に応じて、取引所を使い分けする方法もあります。
例えばAという取引所は短期売買で活用しますが、Bの場合は長期売買で活用する方法もあるのです。運用しているお金が比較的多い時などは、このように使い分けする方がやりやすいです。
ちなみに短期と長期を1つの取引所で使い分けするのも、一応不可能ではありません。しかし資産管理の手間が増えてしまうので、余りおすすめできません。使い分けしたい時は、やはり複数の取引所を活用するのが賢明です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です